信頼できる弁護士にお任せ協議離婚

離婚の方法の一つに協議離婚があります。これは、夫婦間で話し合い離婚を決めていくという方法で、双方が合意をすれば離婚成立となります。ただ、合意をすればそこで円満に離婚となるかといえばそうではなく、双方の合意により離婚を決めた後には、離婚後の話し合いをしていく事になります。離婚といえば、ただ別れる事というイメージを持つ人もいますが、財産分与の仕方や、子供がいる場合は親権者の決め方、そして養育費について等、様々な事を決めておく事が重要になります。離婚をしたいと考えた時、少しでも早く離婚をしてしまいたいと考える人は少なくありませんが、こうした話し合いをしっかりとしておかなければ、離婚をした後にトラブルが起きる原因となります。離婚後の話し合いに入ったら弁護士に相談をしておく事がおすすめです。

内容は書面で残しておく事が大切

双方の合意があり、協議離婚が成立した後、離婚後の事についての話し合いをする事になりますが、この時に重要になるのが、話し合いの内容を書面で残しておくという事です。口での話し合いの場合、離婚をした後で、条件について言った、言わないことでもめてしまう事が少なくありません。こうした状態にならないようにするには、離婚協議書や公正証書を作成しておくという事が重要になってきます。書面にしっかりと残しておけば、条件に関するトラブルが起きた時に、書面を確認する事でそのトラブルを解決する事ができるようになります。こうした書類を作成したいと考えた場合に、専門家の弁護士に任せておく事が有効です。それによって、離婚後のトラブルの可能性を軽減させていく事ができるようになります。

書面で記録を残していない場合は

協議離婚の時に書面で記録を残していれば、慰謝料や養育費の支払いが無かった時に、相手にしっかりと請求をする事が出来ます。書面がなければ、相手に言い逃れされ、慰謝料や養育費をうやむやにされてしまう可能性があります。更に、年金を分割する場合にも、この書面が必要となる為、離婚を決めたら、弁護士に相談をして、離婚後、問題が起きないように、離婚協議書や公正証書を作成してもらっておく事がおすすめです。相談をして書類を作成して貰う為には、費用が少しかかる事になります。離婚をする場合、今後の生活に対して不安を感じるという人も多く、出費は抑えておきたいと考える人もいます。ですが、離婚後、慰謝料や養育費でトラブルになり、本来であれば受け取れる筈のお金を受け取れなくなる可能性を考えると、依頼をしておいて損はありません。