協議離婚に強い弁護士の探し方について

離婚は人生の中でできる限り起こってほしくない事柄の1つです。結婚するよりも何倍も精神も体力も労力を要すると言われており、場合によってはこじれて何年もかかってしまうこともあります。子供やローン、資産があればあるほどその傾向が高くなります。離婚には何種類かあり、協議離婚、調停離婚、裁判離婚、和解、審判という方法があります。離婚の方法は法律で決められていて、どの方法で離婚をしても戸籍の届出が必要です。夫婦で協議して離婚する方法が一番多く選ばれています。そしてほとんどの場合、離婚後にどちらかがルールを破ったり、双方に認識の差が生じてしまわないように弁護士を雇ってサポートしてもらいます。離婚の是非だけでなく、財産分与や慰謝料などのお金の問題、親権や養育費といった子どもに関する問題など、様々なことを決定していかなければならないからです。

協議離婚が選ばれる理由とメリット

離婚する方法は夫婦間で話し合いをして離婚の是非を決定する協議離婚、調停に申し出て調停員によって離婚が決定される調停離婚、裁判所で裁判官により決定される裁判離婚などがあります。中には和解という方法もあります。夫婦が話し合って離婚を決定するという方法が日本での離婚の約9割近くを占めています。その背景には家庭裁判所で調停を利用すると、平日に仕事を休んで裁判所へ出港する必要があるからです。調停は月1回程度しか実施されず、一般的に離婚の成立まで数か月必要です。夫婦の間に離婚条件に対して大きな問題がないときは、家庭裁判所を利用しないで夫婦協議によって早期に離婚までの合意を目指すことができます。大きな問題がない限り、お互いを傷つけることなくスムーズに別れられる方法です。

離婚に強い弁護士を選ぶ5つのポイント

協議して離婚するというのは早く別れたい方からすれば最善の方法です。しかし、手続きを急ぎ過ぎたせいで、離婚時に行なうべき夫婦間の大切な取り決めを十分にしていないというトラブルが起こってきます。主に養育費や慰謝料などお金に関することが大半を占めます。また、口約束でも契約にはなりますが、守らない方が多いという現実もあります。こうしたトラブルを未然に防ぐには離婚協議書という離婚公正証書を作成することをお勧めします。この公正証書を作成するには弁護士の力が必要になります。探す際に自分の話をきちんと理解して聞いてくれる方、良い話だけでなく悪い話もちゃんと説明してくれる、返答が早い、性別にこだわらない、離婚問題に注力している、この5つのポイントを基に選ぶとよいです。どんなに優秀な弁護士をつけても自分自身がヒートアップしてしまっては元も子もありません。よく事前に打ち合わせをしてくれぐれもヒートアップしないように自制心を持って臨んでください。