弁護士と協力し合って協議離婚を成立させよう

協議離婚というのは、夫婦間の合意があれば成立します。ただ、離婚をするという事自体は簡単に決める事が出来ても、その後には慰謝料や財産分与、子供がいる場合は親権や養育費について等、様々な決め事をしていかなければいけません。とりあえず離婚をしたいと考える人もいますが、こうした決め事をしっかりとしていなければ、離婚が成立し、それぞれの生活が始まった時に、財産や養育費の問題で揉める可能性が出てきます。離婚成立後に揉め事が発生しないようにする為には、弁護士に頼み、財産分与等、双方がしっかりと納得できる状態にしておく事、そして離婚協議書や公正証書のように、書面にして残しておく事が重要になってきます。この手続を省くと、離婚をした後にトラブルが発生する可能性が出てきます。

財産分与は簡単そうで難しいもの

離婚をする時、財産は半分にして貰えると簡単に考える人は少なくありません。ですが、財産を半分にするというのは簡単な事ではありません。現金のみであれば、半分にすれば良い事になりますが、財産には家や車等様々な物が含まれており、それらをお互いが納得できるように分けていくという事は簡単な作業ではありません。ですから、離婚自体は夫婦のみで決めても、その後の財産分与や親権に関する事等、様々な話し合いは弁護士を交えて行う事がおすすめです。協議離婚であれば、夫婦二人のみで決めていく事が出来る、他の人の手を借りる必要がないと考える人は少なくありません。ですが、夫婦二人では話が上手くまとまらないという事は少なくありません。ですから、人の手を借りるという事も考えておく事がおすすめです。

書面を作成して貰えるというメリット

協議離婚の際、弁護士に相談をするメリットの一つに、書面を作成して貰えるという事があります。夫婦間の話し合いの場合、口頭のみで約束をしてしまう事は少なくありまえん。口頭での約束の場合、一方が約束をしていないといえば、その約束がなかった事にされてしまう可能性もあります。それに対して話し合いで決めた内容を離婚協議書や公正証書という形にしておけば、一方が約束を破ろうとした時に、その約束を守って貰う事が出来ます。口約束でも、約束は常に守られるものと考える人は少なくありません。ですが、お互い、生活環境が変われば、約束が守られない可能性も出てきます。ですから、口約束をしておけばそれで良いと考えるのではなく、離婚をする時には条件について正式な書面を作成しておく事が重要になってきます。